酵素

酵素は食べたものを消化吸収するだけでなく、息をしたり、筋肉を動かしたりなど人や動物の生命活動になくてはならない栄養素です。
それが足りなければ、健康のためにビタミンやミネラルのサプリを飲んでも十分に働きません。

そのためにビタミンやミネラルは酵素の働きを助ける補酵素と呼ばれているほどです。
酵素はミネラルの周りにタンパク質が巻きついた構造をしています。

今発見されているだけで3000種類あると言われています。
しかし種類が多くても、それぞれの酵素はそれぞれ決められた一つの仕事しかできません。

唾液に含まれている消化酵素のアミラーゼはでんぷんしか分解できないし、プロテアーゼはタンパク質しか分解できません。
それらの働きによって栄養素を十分分解して消化吸収するので、血液をサラサラに保ち、血流と血行を良くしてくれます。

さらに酵素は熱に弱いので、加熱した食品を食べても含まれていません。
生の肉、魚、野菜や果物には入っているのです。

また、味噌や納豆など発酵食品にも豊富に含まれています。
酵素は体内でも作られますが、限りがあります。

免疫力や自然治癒力、新陳代謝の働きを受け持ってもいるので、不足すると病気にかかりやすくなります。
なので、食品からも取り入れるのが大切です。